shichiriの日記 このページをアンテナに追加

2014-10-19

[][]2014参加しました

ちィなこん2014に参加しました。

2014-10-18~2014-10-19

ちィなこん2014 開催案内 概要|DAINA☆CON 公式ホームページ


今回、私事かつ自業自得で、とにかく準備不足になってしまいました。(申し込みも遅刻してしまってすみません。)

なにしろ星ヶ丘バス停までたどりついたのが21時になろうとする頃合い。(オープニングは18:30なのに!)20:55発、五色園行きのバスに乗って発車を待っていると、兄上(仮名)、どこかから観察してるんですか?というタイミングで会場から電話が。ありがたく、五色園のバス停までお迎えに来ていただきました。

受付は高度な生体認証によるものでした。顔パスとも言いますね、それ。

さしいれを供出して、宴会に参加。手作りレバーペーストとか、ぶどう(種無しで皮も食べられる)とか。ひまわりのたねとか。チーズケーキにターキッシュライト。私が持って行ったのはチョコパイブラックホワイトチーズケーキ東京限定、といいながら、舞浜で買ったもの

私にしては珍しくお酒カンパをして、これは香りからして絶対おいしい、と思ったウィスキーをちろりとなめたり。あとラム酒ラムちゃん酒。

22時過ぎには、野外で炭火バーベキュー網焼きで各種の肉やしいたけや、缶詰を缶ごと温めたものとか、食べる食べる。そのすぐそばでweb配信「こいこん第52回日本SF大会チャンネルニコニコ動画http://ch.nicovideo.jp/sf-conをしていたけど、基本的にお構いなし。あ、ちょっとだけ私もマイク渡されましたけど。

SFファンジンコレクション(仮)のご挨拶もしてきました。金曜会オークションのかた、若尾天星さん。名古屋SFシンポジウムでもご活躍されていた渡辺英樹http://sciencefiction.asablo.jp/blog/さん。いや、もう、若輩者の私がしゃしゃりでるのは、本当にお恥ずかしいのですが、お許しいただければ幸いです。「日本SF年鑑 (1982年版)」のお持ち帰りまでさせていただいて、ありがとうございました。(これ、自分で持っているのは初めてです、私)

現在SFファンジンコレクション(仮)は、twitterIDhttps://twitter.com/fzc_sfwikihttp://www60.atwiki.jp/fzcsf/をおいております。どれだけのことができるか分かりませんが、まずは始めてみます。みなさま、よろしくお願いします。

わずかですがディーラールームでお買物も。少しずつでも集めるのです~!

それから、「来年星雲賞にむけて今年(2014年)分の候補作を話そうよ」@「ちィなこん2014」も、こっそり聞いて回っていました。この、来年の星雲賞にむけて今年(2014年)分の候補作を話そう(2015年投票用)掲示板オフライン版です。いくつか発言があがったので、のちほど掲示板のほうに転載する予定です。まだまだありますよね、みなさん。

挨拶もできて、いろいろなお話がきけて、たくさんしゃべって。

地方コンって楽しいなあ、広間での宴会形式って楽しいなあ、とやっぱり思ったのでした。

トラックバック - http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20141019

2013-12-31

eSFeからおしらせ

「eSFe Letter SFイベントを楽しむ会からのおたより」 のおしらせ

SFイベントなどの情報メールマガジン形式などで発行しています

まぐまぐ

eSFe Letter SF系イベントを楽しむ会からのおたより

melma!

eSFe Letter SF系イベントを楽しむ会からのおたより - メルマ!

mixi七里 のmixi日記内 )

ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]

はてなダイアリー(eSFe SFイベントメモ 内 eSFeL タグ

eSFe SF系イベントメモ

来年星雲賞にむけて今年(2013年)分の候補作を話そう(2014年投票用)掲示板おしらせ

活用ください。

http://sfpickup.bbs.fc2.com/

twitterタグ #seiun_pick2014

eSFe ページのおしらせ

eSFe SF系イベントを楽しむ会 に設置しております

Page Not Found に設置しておりますが、近日中移転予定です。


このエントリは当面の間トップに表示させるように未来日付で投稿しています

2013-07-19

(2013-11-24更新

トラックバック - http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20131231

2013-04-29

[]日本SF大会“超”体験版ニコニコ超会議2)参加しました

日本SF大会“超”体験版(「ニコニコ超会議2」[2日目]併催イベント)に参加しました。

2013-04-28 (日)

Home | ドンブラコンL

"ニコニコ超会議2 公式サイト"

基本的に時刊新聞社時刊新聞社にいまして、いつもの日本SF大会と同じように「時刊新聞」にたずさわっておりました。

ゲストコメントをもらいに行ったり、通りかかる人にニコニコしたりもしてました。

いつものかんじ、ですね。あ、今回は事前準備記事も地味~に載せてたんでした。

配布された時刊新聞(通巻0号~18号)は、ニコニコ静画でも閲覧できます

日本SF大会 さんのイラスト一覧 - ニコニコ静画 (イラスト) 

基本は「【時】刊」なはずですが「最低1時間に1号発行される」なんてあおりが事前についてまして、いやいや最低値を出しちゃったら達成しなかった時に謝らないといけないだろう、自分ハードルあげてどうするよ、なんて思っていたのですが、意外に飛ばせたみたいで。最短は10分刻みくらいまでいったのか。ふむ、がんばった。


ステージカンファレンス」の音も部分的に聞こえて、得した気分です。

大会の時は、もうすこし離れたところでやってますもんね)

とくに1コマ目の『DAICON3・4の頃 オープニングアニメ誕生を語る』はずいぶん聞き取れました。(まだ全体的に入場者数が少なかったせいもあると思いますサイレントで上映とか、観客の反応はどうだったのかなあ。

常設企画の『日本SF大会歴史ダヨ~! 映像も集めてみた!』の街頭テレビ(いや、雰囲気そんなかんじ)も観て、楽しかったです。開会式って、毎回は参加してないから、初めて見たものも多いかも。(DAICON6の時は、(映像以外に)生で地獄大使ショーやってませんでしたっけ?)

ブース担当の(超会議の)運営スタッフさんに「お手伝いすることありませんか?」なんてお言葉かけられちゃって、いやありがたいやら、びっくりするやら。向こうからそんな気づかい受けたことって初めてかも?!(人手と心に余裕があるって素晴らしい!)舞い上がっちゃいましたよ、私。ありがとうございました。

日本SF大会“超”体験版」以外の「ニコニコ超会議2」も、せっかくだから歩き回ってきました。

ブース内にいても『超演奏してみた』が、とても良く聴こえてました。良くも悪くも。

意外に目の前の『超踊ってみた』は音がそんなに来ません。(スピーカーの向きの関係かな?)振動もそんなに感じなかったかも。振動とかにも往生しなかったから、うまく設営されていたということだと思います

『超もふもふ毛玉牧場』は、入りたかったんだけれども!触りたかったんだけれども!待ち時間結構かかっちゃうみたいだったので断念。もふもふの生きた動物が触れたはずだったんだけどな~。

『超ニコニコ技術部はいろいろなものがあって『飛ばしてみた』のパタパタたち(空飛ぶパンツ2とか)が頭上を飛んでいるのがなんか不思議~。ふわふわしてたりぷーっとしてたり。ああ、何年か前、ここでこうやって上を見ていたことがあったなあ、なんて思ったり。『超乗り合い馬車』も乗ってみたかったな~。(個人で申し込めば良かったのか)

企業ブースで配布物をもらったりもしたけれど、なんだか配るほうももらうほうも慣れていない感じが?いや、展示会の配布物はもっとじゃんじゃんまくよね、もらっていただくもんだよね、と思ったりするのですが、ひょっとしてどっちも慣れてない?客層というか年齢層のせいかなあ。うん、時刊新聞のもらっていきかたも、ためらいがちな人がいたなあ<そりゃあ、毎年配られ慣れているSF大会とは違うさ。

このお値段(前売の1日券が1,500円)でできると、「おこづかい」でも参加できるだろうから嬉しいんじゃないかな。あと、ふらっと来るライトな層もいると思うので。

そして、貧乏性な身としては退場の際に、パイプ椅子とか片づけなくてもいいって新鮮、業者さんに丸投げってなんだか不思議だ、と思ってしまったのでした。(いつもはもうちょっと自分たちでやるからね)

いろいろもりだくさんで楽しめました。関係者のかたがた、お世話様でした。ありがとうございました。

これをきっかけに日本SF大会に興味を持ったり来てくれたりする人がいたり、時刊新聞投稿したり参加(サークル時刊新聞社」として活動しているので、入社(笑)ですが)してくれたりする人がいたら嬉しいなあ。

と、いうことで、次の日本SF大会は「第52回日本SF大会 こいこん」Koicon.comです。

(篁)(篁)2013/04/29 23:04あー、まじめに働いていたんだ。

shichirishichiri2013/04/30 22:42まじめ、というよりはゆる~くでしたが。参加してました。

トラックバック - http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20130429

2012-05-29

[]◇eSFe Letter◇ 222号 20120529@はてな SFイベントメモ

eSFe Letter 222号 20120529

━━SFイベントを楽しむ会からのおたより

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SFSFイベントに興味があるみなさまに


こんにちは。eSFe世話人七里寿子です。

おかげさまで、222号。

やっぱりゾロ目だとほんのりと嬉しかったりします。

うそう、星雲賞投票、まだの人はお早めにしておきましょう。

http://www.sf-fan.gr.jp/vote2012/

お忘れなく!

では、よろしくおつきあいください。

なお、このレターについての反応(コメントなど)は

次回以降に言及、引用されることがありますので、

不都合なかた/コメントは、あらかじめお知らせください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇目次

・・イベント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イベント情報

2012/5/31(木) 第43回星雲賞投票〆切

2012/6/3(日) SF乱学講座「入門:錬金術とは? 〜炉に火を入れる前に知っておくべき幾つかのこと〜」

  高井戸地域区民センター

2012/6/9(土)→6/10(日) 第29回ローカルリフレッシュコンベンション

  (ロリコン29)ペンションセブンロッジ長野県白馬村

2012/7/1(日)→7/3(火) 没後1周年朗読小松左京が描いた女

  お江戸日本橋

2012/7/7(土)→7/8(日) 第51回日本SF大会「Varicon2012」

  北海道夕張市 合宿の宿ひまわり

2012/7/16(月) 宇宙の知性と融合した〈うかれ〉小松左京出会う会

  大阪 サンケイホールブリーゼ


eSFeL発行人が収集した情報です。

諸般の事情により変更の可能性があります

bloc版はこちら↓

http://www.bloc.jp/esfe/




では、またどこかで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

eSFe Letter (エスフェレター)222号 20120529

eSFe SFイベントを楽しむ会 七里寿子

http://hwm5.gyao.ne.jp/athena/esfe/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック - http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20120529

2012-05-06

[][]2012参加しました

SFセミナー2012に参加しました。2012-05-04

(昼の部のみ)

http://www.sfseminar.org/

三島浩司インタビュー

シオンシステム』のレース鳩の話や、『ダイナミックフィギュア』の二足歩行ロボットを最強にするための設定とか。

さいころの出目と確率についての話は、なんかうまくだまされているような気がしなくもありませんが、リアリティって人によって違うんだなあ、なんて思いました。

rakuten:hmvjapan:11140642

rakuten:hmvjapan:11136706

クトゥルー神話現在

5年に一度くらい、クトゥルーのブームがあるそう。

そして、いわゆるライトノベルの中にそれ系のものが多々ある、ということで。

海外の状況でも、クロスオーバーものがあるそうで。ホームズって、そういえば同時代なんだな。

rakuten:amiami:10310093

インタビューウィズニンジャエクストライシュー

◆重点◆書籍化発表◆コンブ

ヘッズのみなさんも、盛り上がっていた、ような。原作英語版冊子が出現したり、初対面という翻訳チームのおふたりサイバーサングラスを強制されていたり、よくわからなくても楽しいテクノ的なアトモスフィアも印象深い。

出張ライブ版「サはサイエンスのサ」」

S-Fマガジンの連載のノリで。いえ、書き言葉よりフォーマルだったような?

チョムスキー名前は久しぶりに聞いた気がします。

トラックバック - http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20120506