碧翠記 このページをアンテナに追加

2007-08-15 (水)景色の『け』

日本三景というと、天橋立(京都)、松島(宮城)、厳島(広島)をいう。

これは江戸事大の儒学者・林春斎が著書『日本国事跡考』で「丹後天橋立陸奥松島安芸厳島、三処を奇観と為す」と書いたことに由来している。

日本三景というのもある。1915(大正4)年、実業之日本社主催により、全国投票で選定が行なわれた。大沼(北海道)、三保の松原(静岡)、耶馬渓(大分)が選ばれた。